2007年5月に愛犬が他界、頑張ってるママです。


by beard11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

こいつは名代の大うそつき2

娘「おかあさん、犬飼ったらね、お散歩もご飯もみーんな私がするからね」

私「嬢はいいこだね、ok」(^_^)/


こっから先は、何も言いません、

世の中のお母さん、あなたもそうですか、だまされましたか、

でも、まあ、嬢よ、このうそが、いままでで一番幸せな嘘だったな・・・・・・・・

れお君が亡くなったのは5月20日、もう一か月たちました。
このブログ、思い出だけで、見に来て下さる方がいるのか心配でしたが、
目一杯、レオ君の赤ちゃん写真攻撃で、ここまで見ていただくことができました。
ありがとうございます。
レオの事、書くことがなくなったら、終りにしようと思っていましたが、
日常の普通の記事を書いていても、どこかでレオ君とつながることを発見してきました。
もうすこし、このペースで続けられるかなと、思っています。
よろしくお願いします。


また、レオが癌になり、助からないとわかった時
本当に心の支えになったのは、たくさんのペットを看護していらっしゃる方のブログでした
恩返しに、レオが死ぬまでの最後の看護記録を書きます

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ






レオ君は1994年生まれ 12歳です

2ケ月の時、我が家にきました。
当時から、肝機能障害がありました。

3月24日
今年の予防注射をしました。

4月23日
レシートを見ると注射してます、(たぶんおしっこ関係の症状だと思うのですが)

4月26日
朝からじーとして、おしっこも、お水も飲みません。
祖母が心配して病院に連れて行ってくれました。
もうちょっとで尿毒症になるところだったそうです。
カテーテルでおしっこを出してもらい、注射。

4月27日
診察、詳しい診察結果を聞く。
このころから、夜中になんどもおしっこをする、また昼間でもおしっこを失敗する、
自分でコントロールできなくなっている様子。

4月29日
だんだん、おしっこに血がまじって色がこくなってきたので、診察。

5月6日
血尿がひどく、注射。
この時、先生に渡したメモ内容
1.心臓・肝臓の薬切れ・・・・補充
2.前回診察の後、4月30日頃から血尿が出始めた
3.おしっこがでなくなった時の薬(神経の薬・炎症を抑える薬)を飲ませているが、
おしっこの出は良好。            
4.血尿は初めは一日中出るわけではなく、夕方以降出ていたが、昨日くらいから、一日中でるようになっている。


5月10日
昨夜、真っ赤な血のおしっこをしたため、朝一番に病院へ。
レントゲンと超音波検査で膀胱の中にガンを発見、
注射を昼と夕方2回する全部で4本。

5月11日
注射3本

5月12日
注射3本

5月13日
注射3本、焼き肉をすこし食べる、はきけがつづく。水はよく飲む。

5月14日
夜遅く娘が職場からかけつける、夕食にから揚げをすこし食べる。血尿、おう吐がつづく。

5月15日
注射3本、祖母がステーキを焼いてくれた、たくさん食べるが、しばらくしておう吐、しかし少しは消化したと思う。

5月16日
休診日なのに、心配して先生がお電話をくださる、水はよく飲むが食欲なし、おう吐、下痢。

5月17日
点滴と注射2本、この日は、治療のための処置ではなく、れおくんがすこしでも楽になれるように、先生が点滴をしてくれました。
もうこの日は、私も覚悟をきめていました、この日を最後にれおくんに延命の治療をするのはやめようと、もしレオがひどく苦しんだら、安楽死の最後の処置は私の手でしようと。

先生本当にお世話になりました、看護師さんもいつもれおくんに、やさしく接して下さって感謝しています。ありがとう。レオ君も注射本当によく頑張りました。

5月18日
昼間は寝ている、おしっこ失敗する。水飲まない、食欲なし、おう吐。

5月19日
朝から水を飲んではおう吐、(血のような胃液)いつものように抱っこして散歩、一回自力で立っておしっこする。
夜、水を2回飲む、おしっこ多量、血液の塊もでる。

5月20日
6:30おしっこ少し
息荒くハアハア、足しびれる、目覚めた時は意識あり。
水をスポイトで2~3滴飲ませる。
7:00おしっこ少し、足しびれなし、寝る。
7:30水を2~3滴、
    首は持ち上がる。
8:30ウンチを立ってしようとする。

そのご始終体を動かして、寝返りをしたがり、非常に息が荒くなる。
気分転換に、ベランダに抱いて出ると、安らかになった。
眼は十分見えている。

12:30
急に呼吸にピーという音が混ざり苦しそうになる、横になってると呼吸が苦しいので
抱いてみる、(買ってきた酸素吸入や、私の喘息の気管拡張剤を使ったりしてみる)

13:00病院に連れて行く、タイムリミットでした、私はこれ以上レオが苦しむなら、楽にしてやりたいと主人に提案しましたが、主人が、レオがこんなに生きようとがんばってるから、それはやめようといいました、私もそれで決心し、レオ抱いたまま、ソファに座り、主人が水を含ませたカットメンでのどの渇きをとめてやろうと口に近付けたとき、
ギーーーーー、ギーーーー、ギーーーーー、今まで聞いたことない甲高い、笛のような叫び声をあげ、レオは亡くなりました   13:10でした。


寝たきりになったのは、最後の2日間だけでした、散歩も抱いて連れて行き、自分でよたよた歩いておしっこしました、17日には、お腹回りがおしっこでよごれていたので、お風呂に入ると聞いたら、いっぱいしっぽをふって喜びました、だからお風呂も入れました。

食べたり、飲んだりができなくて、辛かったですが、それ以外はあまり苦しむことなく、あっという間に虹の橋を渡ってしまいました。

6月20日 レオママ
[PR]
by beard11 | 2007-06-20 20:50 | れおぞうくん